旅に行きたい衝動は、スマホを眺めて落ち着かせよう。

旅好きあるあるとして、Youtubeかなにかで海外の風景を目にして、「どこか遠くへ行きたい!」と突発的に思ってしまったときのこのもやもや感、どうすればいいの?というものがあります。

いくら旅が好きでも、多くの人には日常というものがあり、すぐには旅立てないもの。
以前、「忙しいあなたへ。今すぐできる“ショートトリップ”3つの方法」という記事も書きましたが、今回は「ああ、旅にでたい・・・! どうやってこの感情処理すりゃええねん!」というときに、少し気持ちが落ち着くインターネットサービスを紹介します。
テーマは、

A glimpse of the world through God’s eye. (=神の目から見た世界)
映画『愛と悲しみの果て』より)

飛行機に搭乗して世界中どこへでも出かけよう(空想)

flightrader
まずご紹介するのは、旅好きはたいてい知っているでしょう。「フライトレーダー24」。
航空機から発せられる電波を世界中の受信システムがキャッチし、リアルタイムで飛行機が飛んでいる様子を眺めることができます。
▼成田国際空港に飛行機が着陸する。
flightraderatNRT
このサービスの楽しさはこれだけではありません。
なんと、コックピットビューを見ることができます(PC版は無料、アプリ版は有料)。
cockpitview
▼コックピットビューの視点を真後ろに切り替えることも!空港がどんどん遠ざかっていきます。
cockpitback
同様のサービスに「プレーンファインダー」というものもあります。
planefinder
運が良ければ、政府専用機の動きを見れることもあります。

これらのサービスで飛行機に乗って、アフリカまで飛び立ってしまいましょう!

ゆったりと進む船旅もいいものです(空想)

marinetraffic
飛行機とくれば、次は船。
この「マリントラフィック」は、国際航海をする船舶に義務付けられている装置を受信して、リアルタイムで船の動きを確認できます。
もちろん飛行機より動きは遅いので動きが分かりにくいですが、船を選択するとその航海歴や航海ルートなども閲覧できて、思わず思考が遠い異国に飛んでいってしまいます。
スマホのWebブラウザだと見づらいため、有料のアプリかPCで見ることをおすすめします。
▼この船、西アフリカ・リベリアからはるばる日本の川崎までやってきました。
marinetrafficfromliberia
▼世界最大の運河、パナマ運河は激混み。
marinetrafficatpanama

電車での国内旅行(空想)

tetsudounow
遠い異国まで行かなくても、国内でいいという方はこちらの「鉄道Now」。
国内の鉄道運行予定をもとに、北海道から沖縄までのほぼすべての電車の動きを見ることができます。
「追尾モード」という1つの電車をずっと追尾し続ける機能があり、本当に電車に乗っているような気分に浸れます。
また、リニアの計画をもとにして作られた「リニアNow」というサービスもあるようです。
▼PC版はもっとうじゃうじゃ。もちろん新幹線も走っています。
tetsudonowpc


旅への衝動的な気持ちは落ち着きましたでしょうか?
ただ、こういう日常があるからこそ、また非日常の旅は楽しくなるもの。
夏旅の計画は立てましたか?
その衝動的な気持ちを、ぜひ次の旅の計画に役立ててください。

この記事を書いた人

甲斐 考太郎

甲斐 考太郎Orange株式会社 代表取締役

85年宮崎生まれ。旅によって人生を大きく変えられた経験から、旅が世界中の人々を幸せにすると確信している。この人生は、旅のことだけしかしないと決めています。旅先では、川を見つけたら季節に関係なく必ず泳ぐ。好きな色はオレンジ。特に、インターナショナルオレンジ!

チャンネル

チャンネルをもっと見る